小説 野性時代「野性俳壇」「野性歌壇」応募要項

「小説 野性時代」創刊15周年を記念し、「野性俳壇」「野性歌壇」合同企画を実施します。

「野性俳壇」「野性歌壇」で、共通テーマを出題するほか、通常の選評に加え、歌壇選者のお2人には俳壇から、俳壇選者のお2人には歌壇から、それぞれ気になる作品へコメントをいただきます。

野性俳壇 × 野性歌壇

選者

野性俳壇

長嶋 有 夏井いつき

野性歌壇

加藤千恵 山田 航

応募要項

共通テーマ
「重ね着」
(季語。短歌の場合、連想させる内容であれば言葉を詠み込まなくても構いません)
「断言」する句、歌
俳句、短歌の中で何かを「断言」してください。

〈俳句〉

毎年よ彼岸の入に寒いのは 正岡子規

ストーブは爆発しない大丈夫 長嶋有

〈短歌〉

気づくとは傷つくことだ 刺青のごとく言葉を胸に刻んで 枡野浩一

忘れ物しても取りには戻らない言い残した言葉も言いに行かない 松村正直

俳句・短歌ともに、このどちらかを共通テーマとします。
俳句に関して、今回は「その他の季語」および「無季」は、「断言」する場合を除き、受け付けませんのでご注意ください。

締切
2018年9月30日(日)
※毎月末日を締切とします。
入選作掲載
「小説 野性時代」2018年1月号(2018年12月12日発売予定)
選考方法
俳句・短歌ともに、通常どおり2人の選者による共通選に加え、今回のみ、俳壇と歌壇で選者を入れ替えての特別賞を設定。
注意事項
  • 投稿は自作の未発表作品に限ります。
  • 複数の俳号・筆名での投稿はご遠慮ください。
  • 他の紙誌への同作品の投稿(二重投稿)はできません。
  • 応募後の訂正には応じかねます。
  • 1日あたり5作まで応募が可能ですが、選考を経て掲載されるのは1人1作までとなります。
※特選受賞者には賞品として特製ステッカーをお送りします。
※ご入力いただいた個人情報は本誌への掲載と賞品発送のために使用し、使用後は直ちに破棄いたします。
戻る

©KADOKAWA CORPORATION